神社結婚式に関する情報サイト

二人の門出は縁起よく!

このサイトでは知っておくと得をする、神社結婚式の流れやその内容、さらに魅力についても解説しているサイトです。
神社での結婚式とはどのように行われる式なのかをはじめ、神社で結婚式を挙げる前にしておかなくてはいけないこと、そして神社での挙式で着る衣装の種類についてもご紹介しています。
またそもそも神社での結婚式は人気があるのかといった事にも触れているサイトです。
これから結婚式をしようと考えているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

知っておくと得をする!神社結婚式の流れや内容と、その魅力についてを解説

知っておくと得をする!神社結婚式の流れや内容と、その魅力についてを解説 神社結婚式はどのようなものなのか、どういう魅力があるのかと疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。
神前式と呼ばれる神社での結婚式は、一般の神社や結婚式場・ホテルなどに併設している神社で挙げることができます。
そして挙式後は、披露宴を別におこなうのが一般的な流れとなっています。
神社結婚式では、神に結婚を報告したり両家を結ぶ儀式をするのが特徴です。
花嫁行列を作り神殿へと向かい、儀式がおこなわれます。
三々九度の杯では、新郎新婦がお神酒をいただきます。
また神楽奉納で巫女の舞がおこなわれたり、参進の儀で雅楽が奏でられたりするのも神社結婚式ならではです。
厳かな雰囲気で、奥ゆかしい雰囲気があるのが神社結婚式の魅力です。

神社結婚式とは「多くの結びつき」を意味する式です。

神社結婚式とは「多くの結びつき」を意味する式です。 神社結婚式とは別名神前式とも言いますがその最大の特徴は、神社結婚式の当事者である新郎新婦や、両者の家族と神社等との多くの結びつきが出来る事にあります。
「お互いに盃を交わす三三九度の儀(別名三献の儀)を皮切りに、玉串拝礼等の儀式を通じて、自身を今まで育ててくれた家族や多くの縁に深く感謝し、これからも両名ともども人生を誠実に生きていきます」という事を神様に報告する意味合いがあるとも言えます。
結婚式には、教会式等も当然存在しますが神前式の場合はやはり日本ならではの、伝統が幾つも見えてくる事等も大きいポイントです。
例えば儀式が執り行われる神社は、長い時間を多くの人達が守ってきた分だけあってとても厳粛で静謐な気配が満ちた場所になり、そこで儀式をするだけで気分が否応にも変わって来ます。
他にも結婚式の当事者以外でも、親族盃の儀といって同じ盃に注がれたお神酒を皆で回し飲みする等、「これから本人たちのみならず、一族皆が新しい始まりを迎えるのだな」という特別な気分にさせてくれる段取が存在している事も見逃せません。
子供が出来たら出来たで、あるいは七五三等、常に一族と共にある神社に詣でる事で地域との繋がりを再確認出来る所も大きいです。
こういった点に心惹かれる物があるのなら神社によって、儀式の手順が異なる事もありますが人生1度のイベントという事で、神社結婚式を選ぶのも1つの選択肢と言えます。
(※神社の祭神により謂れの違い等もありますので、その辺を意識しつつ選択するのも悪くありません。

神社結婚式は家族の絆を大切にしたいカップルにおすすめ

神社結婚式の最大の魅力は、日本の伝統的なスタイルで挙式を行えるところで、新郎新婦はもちろん家族同士の新たな結び付きが強調されるものでもあるので、家族同士の絆を大切にしたいカップルにおすすめの挙式スタイルといえます。基本的には家族や親族を含めた少人数となっていて、アットホームな雰囲気で行うことができるため、派手な挙式よりも家族や親族とゆっくりとした時間を過ごしたいカップルにも最適となっています。また、挙式によっては花嫁が主役となるケースも多く、神社結婚式では誓詞奏上と呼ばれる新郎新婦が神前で夫婦になる誓いの言葉を奏上する儀式がありますが、神社結婚式ではこれを新郎が読み上げる形となっているので、従来の挙式よりも新郎が主役になれる機会が生まれます。挙式が終わった後でも七五三やお宮参りなどの家族行事で神社を訪れることができますし、初詣や普段のお参りなどといった季節ごとの行事でも訪れることができるので、挙式が終わっても長く付き合っていくことができます。

神社結婚式でのゲストはある程度制限がある

神社結婚式ではアットホームな形で式が進行するため、非常に和やかに済むといいます。基本的に出席できるのは両家の家族や親族だけです。なお、神社側にスペースがあり、なおかつ許可があれば親しい友人をゲストとして招くことも可能となっています。とはいえ、基本的に親族だけで和やかに行うことが多いです。 日本人と外国人による国際結婚の場合、海外から親族が訪問することも珍しくありません。ただし、親族だけではなく親しい友人がわざわざ日本へ訪れ、参列することもあります。その場合は式場に事前に相談し、スペースを確保することが必要です。海外の人にとって神社結婚式は非常に珍しい物と考えられており、参列した多数の人がエキゾチックな魅力を感じるといいます。中には神社側の許可を得て撮影し、地元の親族に見せるという人も少なくありません。 日本人同士であっても、入院していて参列が難しい人のために撮影し、後日病室で見せるということはあります。その場合は事前に神社側へ相談してください。

神社結婚式を挙げる時は一般の参拝者はどうするのか

神社結婚式は日本の伝統を感じることができますし、厳かな雰囲気の中で挙式ができるので人気が高いスタイルです。和装することもできますし、特別な雰囲気を体験することも可能ですが注意点もあります。神社結婚式を挙げる時、一般の参拝客に迷惑をかけてはいけません。時間で貸し切れる会場であれば周りを気にする必要はないですが、貸し切れない場合は一般の参拝者の理解が必要になります。この時に会場のスタッフがスムーズに誘導、案内できれば問題は起こらないですが、会場スタッフの段取りが悪かったり、説明が不十分だと上手くいかないです。中には気難しい参拝者もいるのでトラブルになることもあります。トラブルを避けるためにも時間帯や曜日を考えたり、混雑時を避けるなどの対策が必要になります。このように気になる点はありますが、魅力的な点もあります。参拝客がゲストと一緒にお祝いしてくれることもありますし、温かい雰囲気の中で挙式を挙げることも可能です。

神職が執り行う神社結婚式のおすすめポイント

宗教や場所や形式を問わない自由なスタイルの人前式やエンターテインメント性が高いテーマパークウエディングや厳かな雰囲気の教会式など、挙式の種類には様々なものがありますが、神社結婚式もその一つです。神社結婚式のメリットやおすすめポイントについてですが、親族や親しい間柄の人のみのアットホームでコンパクトな挙式で温かみのある濃密な時間を過ごすことが出来る、白無垢が美しく際立つ和風テイストで動画映えや写真映えも抜群で思い出をキレイに残せる、日本の歴史や伝統に触れることが出来て特別感が味わえるなどがあります。純白のウエディングドレスの華やかさも魅力的ですが、伝統的な白無垢も味わい深くて麗しいです。神社結婚式はゲストからの評判も良く、高い満足度がうかがえる意見も数多く見受けられます。一昔前だと親族だけで厳かに執り行うというのが主流でしたが、今は革新的で画期的で洗練された演出がなされることも多く、友人を招待してパーティー感覚で行うカップルも増えてきています。

神社結婚式とチャペルでの結婚式との比較でわかること

結婚式をするときには神社結婚式がよいか、それともチャペルで行う挙式が良いかと迷う人もいるのではないでしょうか。神社での神前式と、教会のキリスト教式は全く異なる結婚式と思われがちですが似ているところもあります。どちらもそれぞれ魅力があるので、自分に合う方を選ぶことをお勧めします。神社結婚式はその名の通り、神社でおこなうものです。一般的に新郎は紋付き袴、新婦は白無垢や色打掛などの和装を着用することが多いです。一般の街なかや観光地にある神社でも挙式ができますが、専門式場やホテルなどでもできることがあります。家と家の結びつきを重視していて、家族のみが参列するのが一般的です。キリスト教式はチャペルでの行う結婚式で、こちらも一般の教会や専門式場・ホテルなどが利用できます。ただし一般の教会は、信者でなくては挙式できないこともあるため注意が必要です。新郎はタキシード、新婦はウェディングドレスが定番の衣装となっています。家族だけでなく友人も参列できます。

日本の伝統を感じられる神社結婚式のメリット

神社結婚式のメリットは和装を着用できることです。花嫁の白無垢や色打掛、新郎は袴などの和装が楽しめます。神聖な神社で特別な衣装を着て、凛とした姿を見せることができるでしょう。
日本の伝統文化を体感できるのも魅力です。厳かな雰囲気の中で日本ならではの良さを実感できます。祖父母や年配の親族からも喜ばれやすい傾向もあります。
普段の生活では実感しにくい日本の伝統に触れられるのが大きな魅力です。神社結婚式では、式を挙げた神社にその後も訪れることができるのもメリットです。
古くからある神社は今後も存在し続ける可能性が高く、何度も訪問することができます。お宮参りや七五三などの節目節目に訪れて、式を挙げたことを思い起こすことができるでしょう。
新郎が活躍する場面が多いのも特徴です。神前式では誓詞奏上と呼ばれる儀式があり、新郎が結婚の誓を神様の前で述べます。袴姿の新郎が活躍する場面を見たいという方から人気があります。

神社結婚式を選択するデメリットと有効な対処法

古くからの日本のしきたりで行われる神社結婚式は、世代を問わず人気があります。神社結婚式を選択する場合に気を付けなくてはいけないのが天気です。
神前式で行われる参進の儀は、結婚をする男女と親族が揃って本殿まで行く儀式になります。神社によっては本殿までの移動は屋根のない所を通るため、当日雨が降っていると傘を使わなくてはいけません。大事な衣装が濡れやすいなど、屋外での行事ならではのデメリットと言えます。
時代の移り変わりで導入する所も増えているとはいえ、古い建造物の神社はバリアフリーに対応していない所も少なくありません。足腰が弱っている高齢者、体が不自由で車いすでの移動を余儀なくされている人が参列すると移動に負担がかかります。予約をする段階で、設備について確認をしておくことが大切です。
洋式で使うウェディングドレスに比べて、和装は着るもの以外に被り物も使用するため値段が高くなるケースもあります。トータルの出費がかさみやすい点もデメリットの一つです。

神社結婚式に参列する際の基本的なマナーを把握しておく

結婚式の招待状が届いたい際は、お祝いもかねて参加しますがしっかりマナーを守る事が重要です。実際に結婚式のスタイルには一般的であればキリスト式の他に人前式などもありますが、神社結婚式の場合は神社だからこそのポイントがあります。
神社結婚式に招待された時は、神社ならではのポイントを把握しておく事が重要です。基本的なポイントとなるのが素足は避け、靴下や女性であればストッキングやタイツなどを着用する事がポイントとなります。
本殿を歩く際は足音が出ないように、静かに歩く事も重要です。女性の場合は香水などを使用する人もいますが、あまりに香りが強いタイプは避けるようにします。
本殿自体は基本的に撮影禁止になってる事が多いので、撮影したい場合は事前に確認しておく事も必要です。挙式が始まれば途中入場などは出来ないので、時間に遅れないようにします。これらのポイントは最低限守るべき基本となるので、しっかり理解した上で参加する事が大切です。

神社結婚式に招待されたときのドレスコード

昨今既成概念や慣習、人気にとらわれない独自性が認められるようになっています。多くの女性はウェディングドレスを着ることを夢に持っていますが、それとは逆に伝統を重んじ和装で結婚式を挙げたいとする女性も多くなっているのです。
伝統を重んじる結婚式として神社結婚式を執り行う人も増えつつあります。神社結婚式では日本女性を最も美しく演出するという白無垢や角隠し、十二単などを身に着けることが可能となっているのです。
神社結婚式に招待されるとこうした婚礼衣装のほか、伝統的儀式を見ることが出来るのも楽しいものです。参進の儀や三々九度、祝詞奏上など普通に生活していては体験できない事ばかりで楽しいものです。
しかしここで問題になるのが参列者がどのようなドレスコードで参列すればいいかということです。ドレスコードに関しては、最も良いのが和装です。留めそでや振袖でも構いません。着物以外ではやはりブラックフォーマルとなります。

神社結婚式でよくみられるトラブルについて

昨今レトロブームや昭和ブームが巻き起こっています。
それは昭和を知らない若い世代に特にブームが巻き起こっているわけです。
華やかでいて、それでいてどこか懐かしいノスタルジーを感じることがレトロブームになっている所以でしょう。こうした人気にあやかって結婚式も伝統を重んじた昭和チックな喪にしようとするカップルが増えているのです。
神社結婚式は最近特に人気のある結婚スタイルです。神社結婚式は、角隠しや十二単、白無垢などを身につけられ厳かな雰囲気の神社で結婚できるのが最大の魅力です。
しかし昔を知らない世代である単にトラブルもつきものであるのです。
そのトラブルとは参列者に多く見られます。ドレスコードを誤り、白い着物を身に着けて着たり、キリスト教のロザリオや十字架のアクセサリーを身に着けてくるといったことも見られます。
これは場を白けさせ、良識がないものと言わざるを得ません。後々新郎新婦とその参列者の中も悪くなりなど問題もはらんでいるので、ドレスコードには気を付ける必要があります。

神社結婚式の探し方は情報雑誌やサイトが手軽でおすすめ

神社での厳かな結婚式を望んでいる場合、なかなか自分の思い描いた神社を探すのは難しいケースが多いです。
雰囲気がいいと思っても、制限があったり自由が利かないため思うような挙式が出来ないという場合もありますし、なんとなく気になる神社があっても、敷居が高くて結婚式について詳しく問い合わせることが出来ないということもあるのではないでしょうか。
神社結婚式の探し方としておすすめなのが、インターネットのサイトで神社結婚式の検索ができるものがあるので、それを利用するというのが手軽な方法と言えます。
そのほかにも、結婚式の情報雑誌やウェディングサイトでも探すことが出来ますし、まずは自分の希望するエリアで情報サイトや情報誌を活用して情報を収集するところから始めてみましょう。
もちろん、雰囲気のある神社を見つけて気になっているのであれば、自分の知りたいことをあらかじめまとめておいて、問い合わせてみるというのもおすすめです。

神社結婚式でも手作りアイテムで特別感を出せる

神社結婚式でも、自分だけのオリジナルの手作りアイテムを取り入れたい場合、いったいどんなものを選べばいいのでしょうか。
厳かな神社結婚式の雰囲気と調和するものにしないといけません。
結婚式の手作りアイテムといえばプリザーブドフラワーを使ったブーケですが、神社で行う和装婚の場合は手鞠風にアレンジしたボールブーケなどがいいでしょう。
扇子に花をあしらうタイプのブーケも人気を集めています。
指輪交換は教会やチャペルで行うものというイメージが強いですが、近年では神社結婚式でも演出の一つとして取り入れ得られるケースが増えています。
指輪交換時に使うリングピローは、和風にアレンジしたものがよく使用されますが、これを自作する人もたくさんいます。
定番はクッションや座布団タイプですが、折り鶴タイプも登場しています。
他に自分たちで作りやすいのは、花嫁が身に着ける髪飾りなどのアクセサリーや、和風ガーランドなどもあります。自分たちに合ったものを採用しましょう。

神社結婚式を日暮れの時間帯に設定する意味やメリット

神社結婚式を予定するカップルの中には、日暮れの時間帯に設定するケースも意外と目立ちます。
その理由は色々ありますが、まずは縁起の良さが挙げられるでしょう。
すなわち日暮れは昼と夜が交わるタイミングであり、古くから陰と陽が交わる神聖な時間帯とされています。
このタイミングで夫婦になることを神前で誓うことによって、二人の新たな人生が昼と夜のように調和し、幸せに満ちたものになることを願うという意味があります。
もう1つ注目したいのが、幻想的でロマンチックな雰囲気を演出できるということ。
夕日が沈む背景で夫婦になることを誓うカップルの姿は、まるで映画のワンシーンのように美しい見栄えになりますし、二人の記憶にも深く残ることになるはずです。
なおこの時間帯に神社結婚式を設定するにあたっては、夕日が沈む西側を向いた神社をあえて選んだり、夕日を背景にした写真や動画を撮るといった工夫をすることで、二人の思い出に一層残る効果的な演出が期待できるでしょう。

神社結婚式の時間について知っておきたいこと

神社結婚式は、日本の伝統的な結婚式のスタイルのひとつです。
神社で夫婦になったことを神様に奉告し、家族や親族との絆を深めるという意味があります。
しかし、神社結婚式をする場合、時間に関するいくつかのポイントを押さえておく必要があります。
まず、神社結婚式を行う時間帯ですが、基本的には午前・午後どちらでも可能です。
ただし、それぞれにメリット・デメリットがあります。
午前スタートの場合は、準備に早起きする必要がありますが、遠方からのゲストに配慮できます。
午後スタートの場合は、余裕を持って準備できますが披露宴のスタートが中途半端になる可能性があり神社によっては午前中しか挙式を受け付けていない場合もありますので、事前に確認しておきましょう。
挙式開始の10分前までには会場に到着しておくことや、挙式中は携帯電話やカメラなどを使用しないことなどです。
また、挙式後に全員で集合写真を撮ることも多いですがその際は神職や巫女さんの指示に従ってください。
神社結婚式では神様をお迎えするという意識を持ちましょう。

神社結婚式のいろいろな節約方法についての紹介

神社結婚式の節約方法は、まず参列者を絞り込むことです。
神前式の場合、基本的には親族のみで出席することが原則となるため、出席者を絞りやすくなっていくのが特徴的です。
これによってお酒や会場の準備の手間を省くことができ、コスト削減につながるのです。
次に神社結婚式を開催するタイミングで紅葉谷子子さんの季節など、特定のシーズンを避けることでリーズナブルな価格が実現します。
特に平日であればより安くなるポイントがあります。ホテルや結婚式、会場等が神田と提携している場合は、割引サービスが展開されており、早期予約サービスや日で価格が安くなるような設定がされています。
これは比較検討することがポイントとなり、事前調査が重要となるのです。
このような情報は経験者から入手することも可能で、インターネットで体験談として検索することも可能となっています。
式場によりますがキャンセル料も発生することがあるので、確認も重要です。

神社結婚式の最新情報をもっと

岡山での神社結婚式

新着情報

◎2023/11/15

情報を更新しました。
>神社結婚式の探し方は情報雑誌やサイトが手軽でおすすめ
>神社結婚式でも手作りアイテムで特別感を出せる
>神社結婚式を日暮れの時間帯に設定する意味やメリット
>神社結婚式の時間について知っておきたいこと
>神社結婚式のいろいろな節約方法についての紹介

◎2023/01/20

情報を更新しました。
>日本の伝統を感じられる神社結婚式のメリット
>神社結婚式を選択するデメリットと有効な対処法
>神社結婚式に参列する際の基本的なマナーを把握しておく
>神社結婚式に招待されたときのドレスコード
>神社結婚式でよくみられるトラブルについて

◎2022/3/24

情報を更新しました。
>神社結婚式は家族の絆を大切にしたいカップルにおすすめ
>神社結婚式でのゲストはある程度制限がある
>神社結婚式を挙げる時は一般の参拝者はどうするのか
>神職が執り行う神社結婚式のおすすめポイント
>神社結婚式とチャペルでの結婚式との比較でわかること

◎2021/10/13

神社結婚式の理由と魅力
の情報を更新しました。

◎2021/7/19

衣装にはどんなものがある?
の情報を更新しました。

◎2021/6/30

サイト公開しました

1人応募させていただきます💕 結婚式に向けてダイエットを頑張っているので ぜひスマートに手元で管理できる スマートウォッチ使ってみたいです⌚️✨ 素敵なご縁をいただけましたら 魅力溢れる写真とメンション付きで 丁寧なご紹介をさせてください📷💓 ご縁が繋がりますように🙇‍♀️🌈

返信先:お返事頂けるなんて夢のようです😂💞先日は、本当にありがとうございました💗旦那さんもうさぎの魅力にはまり中です💞二人で個展に行くことができて本当に嬉しかったです!どのうさぎさんも可愛くてとっても幸せ空間でした😍うさぎいっぱいの結婚式、準備頑張りますね🐰 これからも応援しています💗

結婚式で着る100年前のドレスは、着れば着るほど、見れば見るほど好きになってしまう。なんて魅力的なのだろう。もうあと当日の一日しか着られないことを思うと、たまらなく寂しい……。

-->